労務管理の基礎

雇用契約書を作る

雇用契約書

労働基準法により使用者は、採用時に労働時間、賃金、および退職に関する事項などについて書面による明示をしなくてはなりません。そこで、雇用契約書とか労働条件通知書を作成するのですが、中小企業ではこれらの書面がとりかわされていない場合が多く発生しています。いざトラブルになったときこれらの書面が取り交わされてないとどうしようもありません。雇用契約書や労働条件通知書は事業主に不利になるものでは無く事業主を守ることになるのです。まだ取り交わしていない事業主さんは至急作成しましょう。
続きを読む

労働基準法、労働協約と就業規則などの関係

労働法を理解するためには法律同士の関係を理解しなくてはなりません。労働関係の基本の法律である労働基準法そこから派生して労災保険法、雇用保険法、安全衛生法などの法律があります。そして、企業独自に定めているものとして、労働組合と話し合いで決める「労働協約」会社で働く人を包括して定める「就業規則」個別の労働条件を定める「雇用契約」などが有ります。ここではそれらの関係性について理解します。
続きを読む

労働時間適正把握ガイドラインで長時間労働の見直しを

労働時間ガイドライン

労基法に違反した過重な長時間労働や割増賃金未払いが横行

平成29年1月20日労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドラインが発出されました。これに伴い旧通達は廃止されました。使用者は労働時間を適切に管理する責任があります。しかし現状では、労働時間の自己申告制の不適切な運用などによる労基法に違反する過重な長時間労働や割増賃金の未払いなどの問題が生じています。このガイドラインでは労働時間の適切な把握のために使用者が行うべき措置を明らかにしています。
続きを読む

社会保険(健康保険・厚生年金)の被保険者資格

社会保険(健康保険・厚生年金)の被保険者

適用事業所に使用される労働者はその事業所に雇用されたときに、原則として健康保険・厚生年金の被保険者資格を取得します。では被保険者に成る人とならない人はどのように分かれるのでしょうか?

健康保険・厚生年金の被保険者資格取得時期

適用事業所に雇用された時に被保険者の資格を取得しますが、それには、事業主が「被保険者資格取得届」を提出しなければなりません。 また、被扶養者に該当する家族がいる場合は被扶養者に関する届けもしなくてはなりません。この、被扶養者に関する届出は被保険者が事業主を経由して行う必要があります。

続きを読む

会社設立時の社会保険の手続き

社会保険の手続き

社会保険の手続きはご自分ですることができます。なれないことですから失敗や時間がかかってしまうことは仕方有りません。このページでは少しでもご自分で社会保険の加入手続きをする方のストレスを減らせるように詳細かつ丁寧に解説をしていきます。時間の節約をしたい方や、少額なら負担出来るので専門家に頼みたいという方は社会保険労務士に依頼するという方法もあります。なお、社会保険の加入手続きは税理士や行政書士などといった社会保険労務士以外の先生はすることができません。

続きを読む